3・4・5歳クラス


Class 3・4・5years

「助けてもらう経験が、手を差し伸べる人を育てる」

ー サムエルだからこそできる縦割り保育 ー

 サムエル幼児園の特徴でもある縦割り保育。ちゅうりっぷ、すみれと2つあるクラスには、満3歳になったばかりの子から、3歳児、4歳児、5歳児の子どもたちが同じクラスで過ごしています。礼拝や昼食、モンテッソーリ教育の時間など、異年齢の子どもたちと時間を共有、年長児と年少児が自然な姿で触れ合っています。 

 礼拝当番のお約束やお弁当の準備、着替えやトイレの行き方など、小さなつまづきや不安な気持ちに、すぐそばにいるお兄さんやお姉さんが手を差し伸べます。サムエル幼児園では、大きな子が小さな子を大切にし、お手伝いをする姿はとても自然な光景。自分たちが不安だったときに助けてもらったことを下の子たちへ。子どもたち自らが成長を実感できる環境です。 

 

 また、体育や音楽、絵画などの年齢によって発達に差があるものや集中して取り組む方がよい内容については、年齢別保育を実施。ひつじ(3 歳児)、ろば(4歳児)、はと(5歳児)、に分かれて活動するのも特徴的です。 

 

 子どもたち自身から生まれる思いやりの心や役に立ちたいという気持ちが自然と育つ環境を整える保育方針は、モンテッソーリ教育の理念が土台となっているもの。一貫して子どもたち自身が持っている力の開花を見守る教育を徹底しています。 

縦割り教育では、共に学び合い、成長していくことができます

小さい子どものお手本になることで、自分に自信を持つことができる

思いやりの気持ちが溢れるい子から小さい子への眼差し

成長の違うさまざまな子どもが集まる環境での保育は、お互いの個性を受け入れる力を養える